夏直前のダイエット
失敗の多いダイエット ダイエット方法 脂肪がつく理由 キープ・スレンダー 運動によるダイエット
部分やせ 食事制限の恐怖 リバウンドとは サイトマップ

失敗が多いダイエット

ダイエットと言う言葉は、特に女性に身近に考えられます。やせる、やせたいと言うのは女性共通の願いになっています。しかし、よく聞く声は、「いろいろ試したけど痩せない」、「どうしても続かない」、「いったんは痩せたけどすぐ元に戻ってしまう」など、いわゆる、ダイエットが失敗したと言う話です。そして、ダイエットに成功したと言うのは、ほとんど聞けません。それはなぜでしょうか。

ダイエットの目的

まず、失敗の原因を見る前に、ダイエットの目的を見ておきましょう。「ダイエット=痩せること」が目的ではありません。もともとは、健康や美容を目的としたことです。ダイエットの目的がやせることになっているのは、「美容=痩せている」になっているせいでしょう。

痩せているかどうかの基準で一般的なのが、見た目と体重です。おなかがポッコリ出ているとか、顔がまん丸だとか言われると太っているということになり、逆に、くびれがある、小顔といわれるとやせているということになります。あと、体重です。体重が重ければ重いほど太っていると言うことになり、逆に、軽ければ軽いほどやせているということになります。しかし、体重が同じ人でも、痩せている人と太っている人もいます。これは筋肉量の違いです。筋肉は一般的に脂肪より重く、同じ体重でも、筋肉の量が違えば痩せて見えることもあります。
また、運動をする時間がない、食事制限は嫌だ、でも本気でやせたいという方は無理せずグリーンスムージーで手頃にダイエットをしてみてはいかがでしょうか。高級なミキサーも材料も一切不要で、お気軽に実践できますので是非お試しください。

つまり、体重を軽くしたいなら、筋肉量を落とすと言うのが最も効果的です。しかし、同時にダイエットにとって好くないことでもあります。それについては別のページで。

話を戻して、確かに、太っていると、生活習慣病、最近ではメタボリックなどいろいろな病気にかかりやすくなります。これは事実です。だから、食事制限をして太っているのを何とかしようとする。これは、健康のために行っているので、正しい「ダイエット」の意味と言えるでしょう。逆に、太っていないのに痩せようとするために行う「ダイエット」は本来の意味とは違った意味になっています。

肥満の基準

肥満には「25」というボーダーラインがあります。これは、別に年や、脂肪率ではありません。BMIと呼ばれるものです。BMIは「ボディマス指数」と呼ばれ、肥満度を表す数値です。ではどうやって計算するのか教えましょう。

BMIの計算方法は「BMI = 体重(kg) ÷ 身長(m)2」で求められます。身長が170cm、体重が70kgだったら、70 ÷ 1.72 となり、24.2214・・・となります。そしてBMIが25度以上だと肥満ですので、その人は「標準である」と言えます。BMIが「25」を越えたら注意しましょう。BMIが高くなると、高脂血症や高血圧、糖尿病などの生活習慣病にかかりやすくなるのです。そういう人は、安全のための「ダイエット」を行えばいいのです。

では、どんなダイエットがいいのでしょうか。一緒に見て行きましょう。

check

オリジナルハッピ

テーブルクロス

2016/3/25 更新